株式会社ウィルハーツ
金融転職 ホーム > 特集&コラム > 応募書類作成のテクニック

応募書類作成のテクニック

貴方が書類審査で落ちるのはキャリア不足のせいではありません

応募書類作成のテクニック「何社も受けたが上手くいかない。ほとんどが書類審査通過せず、時折書類審査を通過してもなぜか1次面接で必ず落ちてしまう。」弊社に相談に来られる方で時折見受けられます。ターゲットの求人もフィットしており、学歴もキャリアもそこそこなのに・・・、上手くいかない理由はキャリアやスキル不足でしょうか?違います。理由は、職務経歴書です。

職務経歴書を見たら、落ちている理由は一目瞭然です。今までやってきた業務をただ羅列しているだけで、詳しい職務内容や仕事への取り組み姿勢などが全く書かれていないのです。書類であっさり落とされる理由は、キャリアやスキルが足りないからではありません。職務経歴書のまとめ方が未熟なのです。今までやってきたことだけを通り一遍に書くだけでは、その人のイメージや働きぶり、入社したらどんなふうに頑張ってくれそうなのが全く伝わってきません。

マニュアル通りの職務経歴書は、非常に無機質な印象です。卒業した学校名・今まで在職した会社名や部署名・職務内容・保有資格・PCスキル、最後にありきたりの志望動機や自己PRなどがただ書かれただけでは、よほどの経歴でもない限り、大量の応募者の中から、あえて選ぶ必要は無いというのが本音です。

特に金融・コンサル業界などの場合、高学歴一流会社勤務は当たり前、貴方と同じような方が多数応募しているのです。その中から、応募書類を思わず手に取って眺め、この人に会ってみたいと思えるように仕上げることが何より大切なのです。

応募書類を作成するには、コツがあります。アピールポイントを少し変えるだけで、書類審査通過率が大幅アップします。それは、弊社で証明済みです。また、その応募書類をもとに行われる面接の通過率もグッと上がります。面接が上手くいかない人が必要なのは、面接対策ではなく、応募書類対策です。応募書類さえうまくまとめていれば、面接はこちらのペースで進み、面接官をこちらの土俵に引き込むことが可能です。 キャリアやスキルは見劣りしないのに、いくら受けてもなかなか決まらない人は、この最初の書類選考作成でつまづいているケースが非常に多いのです。

無料転職相談をご希望の方

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

ページのトップへ戻る