株式会社ウィルハーツ
金融転職 ホーム > 特集&コラム > 日本のヘッジファンド業界

日本のヘッジファンド業界

ヘッジファンド投資

ヘッジファンド投資日本においては、ヘッジファンドに関するプロフェッショナルは未だ多くはありません。優秀なヘッジファンドのほとんどは海外で運用されています。ヘッジファンドの最大の長所は、絶えず新たな運用収益源を追求できる柔軟性にあります。ヘッジファンドの戦略例としては、株式ロングショート戦略、マーケットニュートラル戦略、転換社債アービトラージ戦略、イベントドリブン戦略、合併裁定戦略、ディストレスト戦略、クレジットロングショート戦略、グローバルマクロ戦略、マネッジドフューチャーズ戦略など多彩です。

ヘッジファンドの本領は、市場の上昇局面においてのみ発揮されるわけではなく、上昇・下落局面の両方において高い収益性を可能にし、あらゆる収益追求の機会を無駄にしない投資戦略を持ちます。

ヘッジファンドが市場に持つポジションの規模は、レバレッジ比率等の関係上、投下資金を直接反映しているとは限りません。デリバティブに代表される高度な金融工学を用い、実際の投下資金以上のポジションテイクを可能にし、高い収益効率が可能となります。これは「ギアリング」と呼ばれ、ヘッジファンドの高いパフォーマンスの源泉となっています。このようなギアリングの恩恵を受けることの出来ない一般的な投資信託とヘッジファンドはパフォーマンスが大きく異なります。

いわゆる伝統的運用手法のパフォーマンスの低迷は、企業年金や機関投資家から個人富裕層の資金運用にまで影響を及ぼし、以前とは違った資金配分傾向を加速させつつあります。今までヘッジファンドをまったく利用したことがない企業年金や機関投資家からも、ヘッジファンドへの投資を行う動きが見られるようになりました。また富裕層を中心とした一部の個人投資家も積極的にヘッジファンド投資を行っているようです。マーケットの長期低迷を背景に、今後もこの傾向は続くと思われます。

無料転職相談をご希望の方

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

ページのトップへ戻る